モンド・あほう ~Monde AFO~

新しい車、JAGUAR・XJ

e0239565_2333388.jpg新しい愛車は、イギリスの4ドアセダンだ。
JAGUAR・XJというモデルで、
エコな世の中に反して大きなエンジンと車格を備えている。

本来はきょうが納車予定だったが、残念。
登録手続きの不備(営業マンのミス)で延期になった。

契約当初からやたらとミスの目立つセールス氏。
・・・とはいえ、そうならそうで、優しくたおやかに?
さまざまなサービスを追加で要求してしまおう。(笑)
交渉事、怒らず急かさず。弱みを付いて+α 。



e0239565_23251838.jpgブリティッシュ紳士的な対応? いや、性格が悪いだけ?


*****
旧知のblog仲間から、XJの馴れ初めは? と。

   「美しくて、ドキドキとした」、から――

JAGUARの哲学は
『ビューティフル・ファスト・カー』(美しく、速いクルマ)だという。
実際にXJを目の前にした私は、なるほど、そのとおりだ、と思った。


e0239565_23374455.jpgさらに運転をすると、さらにドキドキとした。

    色づきが近い水田地帯の交差点。信号が黄色にまもなく変わる。
    XJのステアリング、右手を12時の位置へ迎えに行って、右に切る、直角に。
    「スイッ」 ・・・・・・。重いエンジンを積んでいるはずの巨体が、ストレスもなく
    ”瞬間的に”向きを変えた! ・・・UFO、か?!   とっても、どきり、とした。

    どきり、を抑えると、目の前が見通しのよい直線であることに気づく。
    オートマチックのシフト表示は3速を示している。ステアリングの裏にある
    パドルを手前に引きつけて、1段だけシフトを落として2速へ。
    「ふぅぉお~~ん」 猛々しい咆哮!! 8気筒の5000cc。
    普通の車の2倍も3倍も大きい、・・・無駄な・・・ エンジンだ。 

 でも・・・ ・・・私はとてつもなくドキドキと”させられて”、しまった。


e0239565_073997.jpg*****
・・・マニアックな話しに落とし込むけれど。
  いわゆる大型の高性能セダン、私がある程度体感している、
  『ポルシェ・パナメーラ』や『メルセデス・CLS』、『BMW・5シリーズ』
  ・・・さらには『レクサス・LS』でも『ボルボ・S80』でもいいが・・・
  比べると、全然、違う。   
  こういう”手口”=飛び道具と言ってもいい をイギリス人は使ってくるんだな、と。
*****

 恋は盲目、とはよく言ったものだ。

 「きょうはとても楽しかったです。また今度も遊んでくださいね」、と無言で言われて。
 「ぜ、ぜひ!!!!」と、私。

 ドキドキって、そんなもんだ。
 私はそういう内なる欲求から、逃げない。いや、逃げられない、か。
[PR]
by targa8 | 2011-09-19 00:24 | ⇒ジャガーXJ