モンド・あほう ~Monde AFO~

エスケープ。~東京スカイツリーとともに

e0239565_18243279.jpg仕事の都合で遠出ができない毎日なのだが、
年末年始はまとまった休日がとれた。
だから、エスケープ。


プライベートで出かける都心はいつぶりだろう。








e0239565_1826524.jpgスタッドレスを履いたJAGUARをホテルのエントランスにつける。
サイズを落とした18インチタイヤだから足元が弱々しい。
でも、JAGUAR自体のボディラインは光に映えている。

・・本来はこういう場所が似合うデザイン。
日頃は、田舎の田んぼ道や山道を走らされているのだから
彼女はたまったもんではないだろう。笑

ただ少なくとも、かなりのクルマ好きで
目一杯『踏む』ドライバーに所有されているのは、
肉食系メーカーの機械冥利に尽きるのではないだろうか??
e0239565_1834498.jpg



ホテルのある場所からほど近い下町にでかけて
旧友と会って、飲む。






e0239565_1838546.jpg2軒ハシゴをして楽しい時間。
ホテルへと帰る。


飲んだ仲間のひとりが、
 「あなたは自由過ぎる大人だ」
と言っていたが、間違いなくそうなのだろう。
ふと思い出して、笑ってしまう。



e0239565_18414110.jpg自由だから、というのとは違うだろうけど、
ホテルではだいたいバスローブでいるか、裸でいる。
そして、カーテンを閉めない。



だから、日が昇ると、目が覚める。




e0239565_18472025.jpg冬の夜明けは午前7時前だ。
普通なら私はまだ寝ている時間だ。

12月30日。
『今年』はあと2日しかない。

日常を離れて、こうやっていつもなら寝ている時間に、
今年残すところ2回しか射すことのない朝日が
東京スカイツリーを染めていくのを眺めている不思議。


e0239565_18541575.jpg
月島や勝どき方向。高層マンションに鋭角に陽があたる。


でも、外はきっと寒い。
なぜなら、空気が震えているように見えるから。







e0239565_18533293.jpgチェックアウトを遅くしてもらって、ランチ兼の朝食。昼を過ぎた。

これから有楽町や銀座に出て買い物をしようかと考えたけれど、
買い物なんて、極めて価値がないようなものにおもえてくる。

師走の喧騒から隔絶されたような、音のしない部屋・・・
でも、ひとたびこの部屋を出て、ホテルのエントランスをくぐれば、
街は確実に慌ただしいし、人や車で溢れているのは間違いない。
そのことが、どうにもこうにも『億劫』なこと、に感じられる。


e0239565_1985594.jpg     『エスケープ・・・・・・』

 パッキングしたスーツケースからノートPCを取り出す。
 そして、携帯電話を繰る。

 腕時計を見ると、午後1時半。
 冬の陽射しは短く、少しだけ傾き始めている。

 携帯電話がつながって、話しがまとまった。
 だから、600km先の日本海の街へと、でかけることになった。
[PR]
by targa8 | 2012-01-22 19:15 | ⇒国内